大阪の宅配(給食)弁当・幼稚園給食・保育園給食・中学校給食の株式会社万福

大阪給食弁当の万福|WFP(国連世界食糧計画)への支援

WFP寄付金情報

飢えに苦しむ人、およそ10億人。6秒に1人の子供が飢えが原因で命を落としています。

[写真]WFP(国連世界食糧計画)への支援イメージ

世界にはすべての人々が食べるのに十分な食糧があります。それにもかかわらず、飢えは未だに世界第1位の死亡原因です。

現在、8億5千万人を超える人々が、飢えに苦しんでいます。これは世界の全人口の7人に1人に相当します。このうち、3億5千万人以上が子供たちです。6秒に1人、5歳未満の子供が飢えを原因として命を落としています。

WFP 国連世界食糧計画とは

WFP(World Food Programme)は国連唯一の食糧支援機関であり、かつ世界最大の人道支援機関です。飢餓と貧困の撲滅を使命として1961年に設立が決定され、1963年から正式に活動を始めました。

2006年、WFPは78カ国において8,800万人に400万トンの食糧支援を実施。その総支出は29億米ドルに上ります。総支出の9割以上は食糧の購入や輸送など、食糧配給の受給者のために直接的に使われています。

WFPの活動資金は、各国政府からの任意拠出金と民間企業や団体、個人からの募金でまかなわれています。

WFP国連世界食糧計画公式WEBサイトへ

[写真]WFP(国連世界食糧計画)への支援イメージ

WFP 「学校給食プログラム」

WFPの食糧支援活動には次のような様々な目的があります。

命を守る
発育を助ける
教育の機会を拡げる
職業訓練地域社会の自立
その「教育の機会を拡げる」活動目的を「学校給食プログラム」と呼んでいます。

WFP国連世界食糧計画の「学校給食プログラム」は、食糧支援を通じて、開発途上国の子供たちの教育を後押しするものです。

このプログラムの目的は、栄養価の高い給食を提供して、子供たちの発育を助けると同時に、教育の機会を拡げ、教育を確実に受けられるよう保障することです。
学校給食は通学の動機付けとなり、子供の就学率と学習能力を高めます。
就学率の向上は読み書きのできる自立した成人の育成につながり、ひいてはその社会、国の繁栄につながります。

一人でも多くの子供が救われますように・・・株式会社万福は平成20年9月より国連WFP協会の会員となりました。

WFP寄付金情報

株式会社万福はWFP国連世界食糧計画の賛助会員になりました。
食に携わる事業者として、このような取り組みを知った以上放っておくことはできず、何かお役に立ちたいと思いから、毎月細やかではございますが寄付させていただいています。

寄付累計額 3,116,294円(2017年10月末現在)

このページのトップへ